FC2ブログ

シラカバうらばなし - 北海道映像アーカイブス -

北海道の旬の場所を映像で紹介・撮影時の裏話やAdobeソフトのTipsなど

- お知らせ -

映像制作のご依頼やTipsについての詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://shirakabacreate.web.fc2.com/




「愛の国から幸福へ」幸福駅の改築工事始まる

「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで有名な帯広市の幸福駅で、
老朽化した駅舎のリニューアル工事が昨日から始まりました。




旧駅舎の木材を再利用し、そのままの雰囲気を残して
リニューアルするそうですがどうなることやら。

4日に駅舎に張られた名刺を撤去、9日に駅舎解体。
11月16日に新駅舎の完成セレモニーが行われるようです。




ちなみに愛国駅も建て替えられているので
幸福駅もしょうがないのかなぁ。


スポンサーサイト



第42回あかびら火まつり 2日目

1日目の火まつりを撮影後は、道の駅「スタープラザ芦別」へ
移動し就寝。

2日目は芦別市内のこまごました物を撮影に向かう。
まずは黄金水松公園へ。




園内には黄金水松と呼ばれるイチイの巨木がそびえ立っている。
樹高21m、推定樹齢は何と1700年以上。
北海道の単木で初の天然記念物にも指定されている。

園内は黄金水松のほかに展望台があり、芦別の街並みを見渡せる。
訪れるなら紅葉時期がベストかと。
夏場はとにかく虫がたかってきて大変だった。


次に向かったのは、旧三井芦別鉄道炭山川橋梁。




これは、主に石炭輸送を行い1989年に廃線となった三井芦別鉄道の橋梁のひとつ。
線路上には、ディーゼル機関車DD501と石炭専用貨車セキ3820が保存展示され
当時の雰囲気を伝えている。
2009年に国の登録有形文化財に登録された。

道道115号からは車両を正面から見ることができるが、
線路前は資材置き場となっていてフェンスも張られているのでイマイチ。


次は夫婦滝公園。

少し奥地にあり、車がすれ違うのが厳しくところどころがけ崩れが起きたダートを走るので注意。
ただ、滝までの案内看板が親切すぎるほど設置されているので
迷うことはないと思われる。こんな滝は初めてだ。




肝心の滝はと言うと、苦労したけどこんなものかという印象。
夫婦滝という名前のためか、東屋に置かれたノートには
訪れた夫婦とみられる人の書き込みがたくさんあった。


夫婦滝もさっさと撮影を終わらせ、次に向かったのが新城仙台山の三本ナラ。




その名の通り、道路際に立ち並ぶ三本のミズナラの巨木のことで
推定樹齢は442年。芦別市指定文化財にもなっている。
道内でこれほど巨大なミズナラの木が3本ならんでいるのは珍しいらしい。
1本の木が病気のようで葉がなかった。

ここからは新城峠の丘陵地帯を見渡せるスポットでもある。
まるで美瑛を想わせる景色はとてもすばらしい。


そしてようやく本題の火まつり2日目へ。




2日目は花火大会から。
今年の花火は去年より1000発増やした4000発を打ち上げるらしい。

花火は4部構成(たしか)で曲をかけながら打ち上げて行く感じ。
打ち上げ場所が近く、爆発の衝撃が体に響くのを感じる。
人ごみの心配がないのもいい。

のだが、花火を見ていて思ったのがテンポが悪いということ。特に前半部。
それぞれの部が短いためか、花火に見入ったと思ったら「次の部は~」とアナウンスが入ってしまう。
曲も中途半端にフェードしていくので
花火に気持ちが入って行けず、消化不良になってしまった。

今まで他の花火大会を見てそう思ったことはないので
やはり何かおかしいのだと思う。
アンコール後の花火は文句なくすごかったので、
演出型の花火をしていくのであればもう一工夫してもらいたい。

花火が終わった後は、火神輿が会場入りし終火式へ。

火まつりは駐車場が会場隣にあるため訪れやすく、
熱気のこもったイベント盛りだくさんなのでオススメ。