FC2ブログ

シラカバうらばなし - 北海道映像アーカイブス -

北海道の旬の場所を映像で紹介・撮影時の裏話やAdobeソフトのTipsなど

- お知らせ -

映像制作のご依頼やTipsについての詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://shirakabacreate.web.fc2.com/




作付面積日本一!北竜町のひまわりの里



8月9日。

病み上がりで体調は万全ではありませんでしたが、
心や体をリフレッシュするために
ちょうど見ごろを迎えていた北竜町のヒマワリを撮影に行きました。

23.13ヘクタールという広大な土地に咲くヒマワリの数は
およそ130万本。

その規模は国内最大級。
実際に訪れてみると辺り一面黄色に染まっていました。

ヒマワリで作られた迷路で遊んだり、赤いヒマワリや花びらがタワシのようなヒマワリなど
地元の中学生が育てた世界のヒマワリが見られるほか、ダチョウの餌やり体験もすることができますよ。


スポンサーサイト



第43回星の降る里・芦別健夏まつり 二日目



第43回星の降る里・芦別健夏まつり二日目。

この日の撮影ターゲットは16時からの千人踊りと20時からの花火大会。
それまでやることがないので、
いつも通り近くの滝・ダム散策へと向かう。

まずは、芦別市国道38号線にある空知大滝へ。


空知大滝。

空知とは北海道の179ある自治体のうち、24が集まる地域で
面積・5,791.19 km²(2009年10月1日)
人口・338,485人(2010年9月30日 住民基本台帳)
を数えるという(wiki調べ)。

そして、空知という地名の由来になったのがまさにこの滝であるらしい。

その空知の"大"滝なのだから、さぞ巨大な滝なのだろうとその姿を想像して
ワクワクしながら滝へ向かった。

国道沿いの巨大な空知大滝の看板を目印にわき道に入り、
5分ほど走ったところで到着。

これがその空知大滝だ。





なんというか…。
名前に想像力を働かせすぎたのか、第一印象はコレ?でした。
落差は5mもないと思われ。水量もあまりないし。

ちょっとがっかりな滝でした。

ただ、水量に関しては上流に滝里ダムができたせいで
少なくなったそうで、ダムが放水すれば豪快な滝へと変わるそう。

滝の直前がダートになっていて、車2~3台分の駐車スペースに車を止めて
滝を眺める感じの場所です。

次はダムの放水時に来てみたいですな。


次に向かったのがすぐそばにある滝里ダム。





平成11年完成と割と新しいダムです。
大きいし、ダムを撮影するスポットがあちこちにあるので
移動するのがしんどいダムでした。虫多いし。

また、ダムから離れた国道38号線沿いにはキャンプ場や滝里ダムの資料館があり、
建設のためにダム湖に沈んだ滝里村の写真などが展示されていて、一見の価値ありです。


その後、千人踊りまでまだ時間があったがせっかくなので
祭り会場に戻り、芦別獅子舞・子ども太鼓を撮影。

千人踊りは今年ついに参加者が千人を越えたそう。
これまでは約千人踊りだったのか?

また、例年は毎回雨に当たっていたらしい。
でもこの日は暑いくらいの快晴だった。

(自称)雨男がいるのに??

個人的にはもも太郎のコスプレが○でした。


で、花火大会。

会場は、芦別では有名な巨大な観音様横のスキー場。
道の駅に車を止められるので楽でした。

撮影の場所取りで多少周りの人がもめてましたが、
花火を堪能し、帰宅したのでした。


ちなみに、動画のラストカットが変な構図になっているのは
花火の横に観音様と五重塔を入れたからです。

暗くてまったく映りませんでしたが…。


第43回星の降る里・芦別健夏まつり 一日目



7月の21~22日に芦別市で行われた第43回星の降る里・芦別健夏まつりの
撮影に行ってきました。

もともと行く予定はなかったのですが、
赤平の火祭りを撮影に行ったときに健夏山笠振興会の方に
声をかけていただいて、面白そうだったので行くことに。

健夏山笠とは、約1トンある山笠と呼ばれる山車を担いで市内を疾走し、タイムを競う
一種のレースみたいなものですね。

771年の伝統を誇る博多祗園山笠をベースにしており、その博多祗園山笠振興会に
「北の山笠」として唯一認められているそうです。


オイサッ!オイサッ!の掛け声をあげながら
市内を疾走するふんどし姿の男たち。

は、速い…。


追いかけながら撮影するのは厳しいかと思う速さでしたが、
コースを回って再び目の前に山笠が現れた時、最初の勢いはどこへやら。

バテてヘロヘロになってました。
1トンだもんな。お疲れ様です。

今年は3つの流れ(チーム)が参加し、2.1kmのコースで
トップのタイムは16分50秒でした。

初日はそれでおしまい。


その後、夜食を調達にコンビニに行くも弁当がない!?
3店回ってもなかったので、珍しくほっともっとでカツ丼を購入。

やっぱりチンするより出来たての方がうまい。
満足していつもの道の駅で就寝するのでした。



十勝への旅 三日目 音更町~帰宅

8日。

今回の旅のもう一つのメインイベント!イカダ下りが行われます。

ところが困ったことが一つ。
自宅を出発する前に、どこに行けば撮影できるか調べようと
イカダ下りの公式サイトをのぞいたんですが、

 スタート:  すずらん大橋下流音更側河川敷 
 ゴール :  十勝川温泉の白鳥護岸付近

としか場所については書かれておらず。
駐車場があるのかもわからなかったので前日に下見して
会場らしき場所を見つけましたが、本当にそこなのかいまいちわかりませんでした。

サイトに地図なり、会場に看板なり出しておいてほしかった。


さらに、公式サイトでイカダ下りの開始時間を調べました。
10時スタートとなっていたので、9時過ぎに会場に着けばいいなと前日寝る前に思っていましたが
もう一度確認のためにサイトを見ると、それは一般のイカダ下りのスタート時刻だと判明。

ギネス挑戦は8時半スタート。
危うく遅れるところでした。

実際、イカダ下りを見物に来た人の中にも
10時スタートじゃなかったのー?と言っていた人もいたので、
公式サイトでもう少しわかりやすく情報を出してほしかったですね。

ギネスはすずらん大橋~十勝大橋の1.6kmということも判明したので、
早起きしてもう一度撮影場所の確認をしてきました。



会場ではすでに、ギネスに挑戦する連結イカダの準備が進んでいました。

こういうネタはやはりスタートとゴールの画が欲しくなります。
ところが今回は1.6kmしか距離がないので
あまりスタートでもたもたしているとゴール地点に移動する時間がなくなります。

なので、スタート前後の画を数カット撮影したら車までダッシュして、
河川敷をかっ飛ばして十勝大橋へ。
車から降りたらまたダッシュして、撮影場所まで移動しました。

ゼェゼェ息を切らしながらイカダが来るのを待ち構えていましたが、
いつまでたってもイカダが来ない?

10分以上待っても来る気配がなく周りの見物人も
電話で状況を確認したりしてました。

そんな中聞こえてきたギネス失敗の声。
イカダを連結していたロープが切れたとのこと。

それがデマなのか正確な情報かわからないので、
ずっと十勝大橋で待機していました。



そしてスタートから1時間半が経過したころ、ついにイカダの姿が見えました。
何があったのかはわかりませんが、連結したイカダが一直線になってこちらに向かっています。

ところが、ゴールまであと少しというところでイカダが団子状に。
そこから何とか立て直してゴールしましたが、ギネス達成のリアクションも何もありませんでした。

実はすでにイカダのロープが切れていて、切れた先のイカダが後からやってきました。

スタートからゴールまで時間がかかったのも、
途中でロープが切れて2回スタートをやりなおしたためだそうです。

そんなわけで、残念ながらギネス挑戦は失敗に終わりました。
次回に持ち越しです。




ギネスの後は一般の部のイカダ下りです。
こちらは凝った作りのイカダに乗って、メンバー全員仮装したりして楽しそうでした。

そんな凝ったイカダもゴール地点では壊れてしまったものがほとんど。
そんなにイカダ下りは過酷なんでしょうか?


イカダ下りを撮影した後は、天気も悪くなってきたのでさっさと帰宅することに。
今回の旅の総走行距離はおよそ840kmでした。

毎回予想より100km近く多く走っているのはなぜ?


悪夢再び…

久しぶりの更新なのでとりあえず近況報告。


●寝込んでた。

7月下旬から喉をやられて寝込んでいました。
原因は窓を開けたまま寝たせいでしょう。

とにかく痰と咳が止まりませんでした。

体のだるさはありましたが、熱は出なかったので動くことはできたかもしれませんが
去年2ヶ月間動けなくなった症状と似ていたので、大事を取って完全休養にあてていました。

今はだいぶマシになっていますが、まだ咳が出ます。

喉以外に風邪の症状が出ていないんですけど
風邪なんでしょうかね?癖になってたりしたら嫌だな。

去年のことが完全にトラウマになっているので
再発が恐ろしいです。

休養中に行われたイベントに行けなかったのが残念。
自衛隊の航空ショーとか。



●納車した。

Kei Worksに代わる新しい車が納車しました。
家族共用の車ですが、私にとって初の普通車になります。

少し乗ってみましたがデカイ!
車の写真は洗車したらアップします。



●冷蔵庫が壊れた。

一昨日、冷蔵庫が壊れました。
アイスを食べようとしたらアイスが固体から液体に状態変化。

一瞬何が起きたか分からず。


で、冷蔵庫を調べてみると、なんと冷凍室のみ動いていませんでした。
そりゃアイスが溶けるわけだ。

すぐ新しい冷蔵庫を買いに行きましたが、
この暑いのにアイスが食べられないのは痛いです。

今日、冷蔵庫の中の温度を測ってみると
22℃もありました。
完全に壊れたもよう。これじゃただの箱です。


最近あった出来事はこんなとこですか。
休養で編集できなかった素材を編集してかなきゃ。