FC2ブログ

シラカバうらばなし - 北海道映像アーカイブス -

北海道の旬の場所を映像で紹介・撮影時の裏話やAdobeソフトのTipsなど

- お知らせ -

映像制作のご依頼やTipsについての詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://shirakabacreate.web.fc2.com/




ドナドナ Kei Works




主に家族で使用してきたスズキのKei Works(ケイワークス)を
今日諸事情によりドナドナしてきました。

平成15年車で総走行距離91000km。
中古で購入しおよそ7年間乗ってましたが、トラブルも全くありませんでした。

ワークスだけあって、そこらの軽とは比べ物にならないほどパワフルに良く走り、
雪道も全く問題にせず。
シートもRECAROで座り心地も良く、外観もスポイラーと
フォグの威圧感は十分。
なかなかレアな車なので街中でかぶることもなく。
本当に良い車でした。

唯一のネックはタイヤ。
特殊なサイズらしく、中古でもほとんど出回っていないので、
以前パンクした時は新品で購入せざるを得ませんでした。

今でも手放すのがもったいないと思いますが、
前述の結論となってしまいました。

まだまだ走る車なので、大事にしてくれる人が見つかるといいなぁ。
後任の車は納車してからのお楽しみです。



本当に長い間お疲れ様でした。


スポンサーサイト



十勝への旅 二日目 中札内村~鹿追町~音更町

7日。

天気予報は曇り。
目覚めて空を見ると曇り空。予報通りだ。

それでも雨が降らないうちにさっさと出発。
まずは同じ中札内村だけど、道の駅から結構距離がある札内川ダムへ。



札内川ダムは高さ114m、長さ300mと大きいダムです。
訪れてまず目を引いたのが、野鳥の多さ。

ダム自体、野鳥をよく見かけるところですが、
ここはぶつかってきそうなくらいたくさん飛んでました。

その正体は岩ツバメ。

熱心に巣作りをしてました。
かわいいかったのが、一羽が巣にいてもう一羽が戻ってくると、
戻ってきたツバメにピロピロ鳴いて何か訴えてました。

やっぱり鳥も会話するんですね。
もっと巣の材料取ってきなさいとか言ってたのでしょうか?

管理所内は他のダム同様、資料などが展示されていて、2階に上がると
ガラス越しですが操作室を見ることができます。
事前に申し込めば職員の方に案内もしてもらえるそうで、感じの良いダムでした。

ダムの下流にも公園があるのですが、昨年落石があったようで
現在は立ち入り禁止になっていました。



次に向かったのが、札内川ダムのすぐ下流にあるピョウタンの滝です。



この滝は自然の滝ではなく、以前作られた農協ダムが洪水によって埋没したことでできたという
ちょっと変わった滝です。
とはいえ水量は十分。かなり迫力のある滝です。


次に向かったのが本日のメインイベントがある鹿追町。
ここで行われる白蛇姫まつりは昔、札幌ドームで行われた日本の祭りというイベントで
踊ってまして、その時にこれはぜひ現地で見なければと思った記憶があります。

確かその時にかかっていた曲が気にいったんですよね。
7~8年前の思いがついに叶うのです。

ですがその前に道の駅へ。

なんと鹿追町では、試験的に6~7月生まれの町外の人を対象に、町内の観光協会加盟店で使える
商品券3000円分をバースデーチケットとしてプレゼントしてくれているのです。

気を付けなければいけないのが、チケットをもらえるのは誕生日のみ。
さらに使えるのは誕生日とその翌日の2日間。

このルールを知らないで、誕生日じゃない日に訪れた人がチケットをもらえずに、
詐欺だと怒鳴って帰って行ったとか。

実はワタクシ、白蛇姫まつりを見に訪れたこの日が偶然にも誕生日でしたので、
チケットは遠慮なくいただきました。



この中に1000円分の商品券が3枚入ってました。
使ってしまったのでもうありません。

2000円はガソリン代に消え、残り1000円は道の駅で買い物。



お土産に手彫りのナッキーストラップ。
普段だったら買わないだろうけど商品券だと買えます。

このチケット。使ったお店でも独自のプレゼントを用意してくれてます。
カヌーが300円で乗れたり、ナイトクルーズが付いてきたり。
単純に観光で来てたならガソリンとかつまらないものじゃなく、
もっと普段できないことに使いたかったなぁ。乗馬とか。

ただ、今回は誕生日とイベント日が重なったからついででチケットを貰えたけど、
誕生日がまったくの平日だったら行くかな?

チケット目当てでは距離的に行かない気がします。
そういう意味では、誕生月内ならいつでもチケットを貰えるとしたほうが良いんでしょうけど
そうしたら予算が厳しいんでしょうね。

この企画自体は好評で、観光客が増えて予算も増額したのだとか。
7月生まれでまだ誕生日を迎えていない人は、誕生日に鹿追町を訪れてみては?


さてさて、本日のメインイベント・白蛇姫まつりへ。

会場は然別湖。
送迎バスも出ていましたが、会場に駐車場があるみたいなので
車で向かう。駐車場が埋まることを懸念して3時間前には現地着。

会場はすでにまつりの関係者などで結構な人がいました。
祭りが始まるまで車で待っているつもりでしたが、場所取りが行われていたので
2時間前にはスタンバることに。

SONYのHDR-TD10らしき3Dハンディカムを2カメ用意するおばちゃん。
気合入ってました。

で、いよいよ祭り開始。

まずは地元の学生や自衛隊の吹奏楽による演奏です。
すると降ってきました。お約束の雨です。

これだけ降るといい加減慣れますね。
でも、私雨男かもしれませんが、イベントが雨で中止になったことがないのが自慢なのです。はい。



霧が出て幻想的な雰囲気になったところで演舞開始。

舞台を縦横無尽に駆け回る二匹の白蛇。
思いのほか動きが激しかったです。

湖水渡りは霧のため、向かってくる舟がまったく見えず。
白蛇姫は綺麗な方でした。

アイヌの方々による、ムックリや伝統舞踊があって祭りは終了。


で、大変だったのが帰り。
祭りを幻想的に演出した霧が行く手を阻みました。

然別湖周辺の道は車がすれ違うのも難しい狭い道が続くのですが、
霧のおかげで視界は数メートル有るか無いか。一歩間違えればコースアウトするような状況です。

前に車がいると、その車についていけば良いので楽になるんですが、
前の車はことごとくウインカーを出して先に行け合図をするのでいつも先頭に。

考えることは一緒ですね。
5台くらい、みんなにウインカーを出されました。

思わぬことで神経をすり減らし、やっと着いたのが
音更の道の駅。

セイコーマートで買ったつゆだく牛丼(298円)を食べて就寝したのでした。



十勝への旅 一日目 自宅~南富良野~新得町~十勝川温泉~中札内村

7月6日から二泊三日の予定で、十勝へ行ってきました。

今回の旅の目的は、

 ① 十勝川温泉のホタル
 ② 鹿追町の白蛇姫まつり
 ③ 十勝川の連結イカダ ギネス達成なるか?

の三本です。
後は近場で撮影できるものを細々と。

今回は、どの局の天気予報を見ても晴れ。
よっしゃ!イケる!!…そう思っていた時期もありました。


出発の前日に天気を確認すると、土曜日の予報が曇りのうち雨に。
雨男の本領発揮でしょうか?

またまた雨におびえての出発になりました。



6日。

雨の予報がうそのように晴れてました。
7時半頃出発。

十勝へは狩勝ルートで向かうことにしました。
金山ダムと佐幌ダムを撮影するためです。はい。


でも、十勝は一昔前に比べて本当に行きやすくなったと思います。

道東道がつながったせいか、下を走る車が少ないことや
道が広くなったことで運転がとても楽。
飛ばさなくても4時間ほどで着くのはありがたいです。


で、今回のサブイベント、金山ダムです。



このダムは、道内のダムとしては唯一の中空重力式コンクリートダムで、高さ57.3メートル。
ダム湖百選にも選ばれています。

ダムの管理所の屋上は展望台にもなっており、かなやま湖を一望できます。
立派なダムです。放水が見てみたいですな。



金山ダムの次に訪れたのが、新得町の佐幌ダムです。




なんというか、金山ダムを見た後だと取り立てて特徴がないような…。
管理所はシャッターが下りて閉まっているのに、ダムの堤体内に通じると思われる扉が開きっぱなしになってました。
大丈夫だったのだろうか?

入ってみたかったけど止めておきました。

あまり撮影するものもなかったのでさっさと戻ろうとすると、湖にカヌーの集団が。
なんだ、面白そうなのがあるじゃない。

修学旅行の学生さんたちでした。
ダム湖に浮かぶカヌーっていうのも良いですね。



いよいよ本日のメインイベント、十勝川温泉のホタルへ。

ところが芽室町辺りで、急に前も見えなくなるほどのどしゃ降りに。
やっぱり降りだした。

ホタルの観賞会は午後8時から。
それまでに止めば大丈夫。


会場の十勝が丘公園に到着。
このころには雨は止んでました。そのまま時間まで車でひと眠りすることに。

30分前になってスタッフが看板などを出し始めました。
開催するなとホッとしたのもつかの間、やっぱり降りだしました。

天気予報が正確なのか、雨を呼んでしまっているのか。
いい加減うんざりです。


雨は降ってたけど中止にはなりませんでした。
撮影機材を持って会場に行くと、スタッフが叫んでいました。

カメラでの撮影は禁止、と。


なんですと?
そんなことどこにも書いてなかったよ?


ビデオカメラだからフラッシュもたかないしそれでもダメか聞くと、
ダメです。

なんでか理由を聞いても、
ダメですの一点張り。

話にならないので別のスタッフに聞いてみると、
明りが小さいので写らないのと、場所が狭いので三脚を立てると
他の人の邪魔になるからということでした。

まぁ、それなら納得です。
最初からそう言ってくれれば良かったのに。


それでも、せっかくはるばる十勝までホタルを撮影に来たのに、
このまま帰るのも悔しいので、お願いして撮影させてもらいました。


結果は写りませんでした。
かろうじて光の点が写るけど、それをホタルというには厳しいレベルでした。

メインイベント失敗!
残念。


せっかくなので肉眼で幻想的なホタルを楽しんできました。

スタッフの方によると、雨が降ったことで湿度が上がり、いつも以上に
ホタルが元気に光っているとのこと。

雨が降って良いこともあるようです。


ホタルを堪能した後は、宿泊地である中札内村の道の駅へ。
セイコーマートのスパイシーチキン弁当(¥298)を食べて就寝したのでした。


続報!!Youtubeから収益化審査中の動画に対して警告メールが来た



前回、収益化しようとした上記動画に対し、
Youtubeから、商用利用するには情報が足りないから今回は見送るねーとメールが来ました。

お金がもらえないうんぬんより、散歩コースにもなっている公共の場所で自分で撮影し、
編集も第三者の音楽などを使わずすべて生音の、
100%オリジナルの動画がなぜ審査ではねられたのか。



(収益化のアイコンがない。)



納得いかなかったので、即異議申し立てのメールを出しました。
今後同じケースにならないとも限らないし。

ちなみに、同じ条件で撮影した他の動画はあっさり収益化されています。


その後、Youtubeから返答はありませんでしたが、メールを出した次の日くらいに動画が再審査されていました。

ところが、いつもなら10分くらいで審査が終わって収益化されていたのですが、
この動画は一週間審査中のままでした。

一向に終わる気配がないので、一週間がたった今日
動画を削除し、再アップロードしてみました。


ところがところが、またしてもYoutubeからメールが。
今回は日本語でした。


---------------------------------------------------
件名:収益受け取りに必要な情報提供のお願い

【本文】
ShirakabaCreate様、

収益受け取りプログラムに動画をご提出いただきありがとうございました。

今回は、商用利用の権利に関する情報が不足していたため、ご提出いただいた動画による収益受け取りは承認されませんでした。お手数ですが、お客様が動画コンテンツのすべての要素を商用利用する権利をお持ちであることを証明する資料をご提出いただけますでしょうか。それらの情報を基に再度審査させていただきます。商用利用する権利が必要な要素には、動画、画像、音楽、ビデオゲームの映像など、あらゆる音声および映像要素が含まれます。YouTube で収益化できるコンテンツの種類について詳しくは、こちらをご覧ください。動画内で第三者のコンテンツを使用する場合は、商用利用の権利の申し立てについて説明したこちらの記事をご覧ください。

動画コンテンツを商用利用する権利をお持ちであることを証明いただける場合は、以下の情報をご提供ください。

"【FullHD】二風谷ダム - 平取町"
(http://www.youtube.com/watch?v=FhBQ07GUkyk)
この動画に関する情報を送信

YouTube で広告を配信できるのは、広告主にとって好ましいコンテンツに対してのみとなりますのでご了承ください。なお、動画の収益化の可否に関する決定権は YouTube にあります。すべての動画には、YouTube の利用規約とコミュニティ ガイドラインが適用されます。これらの基準を満たしていない動画は削除の対象となります。

今後ともよろしくお願いいたします。

YouTube チーム
---------------------------------------------------


動画の最後のほうをちょっと編集しなおしてアップロードしたのですが、
やっぱりはねられました。

何が問題なんでしょうね?
とりあえずまた異議申し立てしておきました。


誰が運んだ?日本一大きいチロロの巨石




チロロの巨石は日高町の千栄地区の道路脇に、でんと置かれております。

この岩は地質学的には石英片岩といい、
長さ6m、重さ200tの日本一巨大な結晶片岩なんだそうです。


チロロの巨石は2回撮影に行きました。

1回目は静内ダムなどを撮影しにいったとき。
ところがこのときは、それまで晴れていたのに千栄地区に入ったところで急にどしゃ降りに。
やむ気配がなかったので姿だけ見て帰りました。

2回目は平取町ですずらんを撮影しに行ったときです。
この時も、雨の降る気配がなかったのに、千栄地区辺りに近付くとだんだん曇り空に。

チロロの巨石前に来た時はポツポツ降り出していたので、急いで撮影。
自分は雨男なんだなぁと改めて思い知らされました。


ちなみに、なぜこんなところに巨大な石があるのかというと、
もともとは日高山脈の石だそうで。

鉱石収集が趣味だった八紘学園の初代理事長・栗林元次郎氏が,
巨費を投じてペンケユクトラシナイ沢からここまで運んだが、何らかの理由で
それ以上運ぶことがでなかったらしいです。

その後、日高町に寄贈されたとのこと。


場所は、国道274号からHOA(北海道アウトドアアドベンチャーズ)の看板があるところで曲がって
後は道なりです。

国道からおよそ6km。道が狭いので注意。


大きな地図で見る


オホーツク芝桜の旅完結 五日目 滝上町~自宅

29日。

滝上町の道の駅には、店頭に並ぶとすぐに売り切れてしまう
飲む月のチーズというものがあります。

数日前にもテレビで紹介されていて、
これは是非飲まなければと思っていました。今回の旅の目的の一つでもあります。

本当はさっさと芝桜を撮って家に帰りたかったのですが、
道の駅がオープンする9時まで車で待機。


オープンと同時に道の駅に飛び込みましたが、
飲む月のチーズは入荷されてませんでした。

次回入荷は次の日の午後だそうで、
さすがにそこまで待ってはいられないので今回はあきらめました。

残念。


仕方なく芝桜の撮影へ。



ここの芝桜が一番良い形してました。
ちょうど見ごろだったのかもしれないですね。

駐車場からは町を一望することができました。


滝上町はその名の通り滝がたくさんあるらしく、地図には渚滑川の渓谷に5つほど滝が載っていました。
なかなか来れる場所じゃないのでこれも撮影。


○洛陽の滝



渓谷ホテルのすぐそばにある半人口の滝です。
撮影スポットまで行くと飛沫の直撃を食らいます。

過去に水難事故が起きたそうで、弘法大師の像が建てられていました。


○夫婦の滝



滝が流れる錦仙峡は遊歩道が完備されているので、
誰でも気軽に滝を眺めることができます。

また、渓谷沿いに家も建てられているので、そこに住んでいる人は
家の中からいつでも滝を眺めることができるんですね。

うらやましい気がしますが、毎日絶え間なく滝の音を聞くってどんな感じなんでしょうね。


○蛟竜の滝



撮影した滝の中で一番迫力がありました。

上流には放水して人口の虹を作り出す虹の滝があるんですが、
この日は虹を見ることができませんでした。

他に白亜の滝と白馬の滝という滝が
すぐそばにあるらしいのですが、どれのことかわからず。

撮影したのはこの3つだけでした。


全てのものを撮影し終え、午後2時ころ帰宅の途に。
滝上町を出たあたりでどしゃ降りになったのでグッドタイミング。

それから5時間ほどかかって無事帰宅。
四泊五日、総走行距離約1200kmの旅が終わったのでした。