FC2ブログ

シラカバうらばなし - 北海道映像アーカイブス -

北海道の旬の場所を映像で紹介・撮影時の裏話やAdobeソフトのTipsなど

- お知らせ -

映像制作のご依頼やTipsについての詳細は、こちらのサイトをご覧ください。http://shirakabacreate.web.fc2.com/




黄金色に輝くアシリベツの氷瀑




アシリベツの滝の氷瀑を撮影してきました。

アシリベツの滝は、札幌市の国営滝野すずらん丘陵公園内にある落差26mの滝です。
札幌市内の滝では最大級の大きさで、日本の滝百選にも選ばれています。

冬になると滝が凍りつく氷瀑となり、特に朝日を浴びて輝く氷瀑は
えも言われぬ美しさです。

滝野すずらん丘陵公園では、その朝日を浴びるアシリベツの滝を見てもらおうと
氷瀑のシーズンに数回、開園時間を2時間早める早朝開園を行っています。

駐車場からアシリベツの滝までは、1.1kmほど。
道は整備されているので、スノーシューなどは必要ありません。

無料のガイドツアーやドリンクサービスもあります。


◆早朝開園
日時:1/14(水)、1/24(土)、2/1(日)
開園時間:7:00~
駐車料金のみかかります


大きな地図で見る

スポンサーサイト



地球岬からの初日の出 2015

今年は初日の出を地球岬で拝もうと、大みそかから室蘭市にいました。

室蘭の道の駅「みたら室蘭」では2000年から毎年、白鳥大橋カウントダウンというイベントを
行っていたのですが、16回目を迎える今回で最後とのこと。

せっかくなので、カウントダウンで打ち上げられる花火を期待して行ってみたのですが、
当日の天候は生憎の強風。
花火を打ち上げるか中止するかの判断が、予定時刻を過ぎても発表されません。

花火を打ち上げるなら白鳥大橋と花火が絡む場所に移動するし、
打ち上げないなら道の駅内でカウントダウンを見物するつもりだったのでした。

打ち上げの判断が下されたのは年明け10分前。
道の駅から急いで撮影スポットに移動して、強風で手がかじかむ中の撮影準備。

そして、2015年年明け。同時に打ち上げられる花火。
新年早々、良い画が撮れそうだと寒さも忘れテンションが上がりかけた瞬間、
姿が見えなくなっていく白鳥大橋。あれー?

さらに、打ちあがる花火は1分ほどで終了。

後から調べると、白鳥大橋のライトアップは24時で消灯されるようでした。
カウントダウンの公式サイトにはライトアップされた白鳥大橋と花火の画像があったのですが、
それはいったい何だったのか?

何か消化不良でモヤモヤしたまま、道の駅を後にして地球岬に向かったのでした。

0116.jpg



地球岬に到着したのは0時30分くらい。
すでに岬周辺には警備員さんが待機していて、交通規制を行っていました。

地球岬では、1月1日0:00〜8:00まで交通規制が行われ、岬の駐車場が使用できなくなります。
車は駐車場から300mほど離れた道路の片側車線に、順番に路駐して行く形になります。

私が到着した時点ですでに4台の車が駐車していました。

到着が遅ければその分、岬から遠いところに駐車することになるので、
長い距離を歩きたくなければ早めに向かうことをお勧めします。

それからは日の出予定時刻の7:05まで、新年最初の車中泊。

あたりがガヤガヤしだしたので、起きて岬の展望に向かうと
すでに大勢の人が。

天候は雪で、一面の曇り空。

過去の初日の出撮影でも毎回曇り空でしたが、待てば初日の出を拝むことができました。
今回もそのつもりで待っていましたが…。





残念ながら初日の出は出ませんでした。
他の人が帰ってもしばらく待ってみましたがダメでした。

またいずれリベンジです。

2013年ラスト & 2014年初出動 2日目 初日の出としらひげの滝

2014年は美瑛町の道の駅・びえい「丘のくら」で迎えた。
初日の出に微かな期待をかけ午前6時ころに起床。

気温は-5度ほど。
空は事前の天気予報通り雲で真っ白。

親子の木やケンとメリーの木に向かう。
すでに数組のカメラマンの姿。

マイルドセブンの丘に向かおうとしたところ、
ふと横を見ると雲の隙間からかすかに日の光が。

急いで車を止めカメラをスタンバイ。
しばらくすると強烈な日の光が辺りに射しこんだ。




思いがけない場所でだったけど、今年も初日の出を拝むことができた。
それも誰もいないところで。今年もよい年になりそうだ。

次に、昨日は暗くてよく分からなかったしらひげの滝に向かう。

白金温泉で新年を迎える人が多いのか、
車を止める場所がほとんどない。

強引に車を停め、しらひげの滝に向かう。
8月に訪れた時はブルーリバーを見ることができなかったので、今度こそはと期待。

結果。




雪の白とコバルトブルーのコントラストが美しい。

期待していたダイヤモンドダストやサンピラーを見ることができなかったが、
それでも満足のいく2014年初出動だった。



【しらひげの滝】駐車場有

大きな地図で見る


2013年ラスト & 2014年初出動 1日目 第27回北の大文字 - 上富良野町

2014年初出動はチキウ岬での初日の出にしようと考えていたが、
事前の天気予報では北海道は大荒れの予報。

直前の予報でも天気は変わらず。

駄目もとでチキウ岬に行くか悩んだ末、
今回は初日の出ではなく上富良野町で行われる北の大文字という
カウントダウンイベントを撮影に行くことに。

北の大文字とは、大晦日に上富良野町の日の出公園で行われる年越しイベント。
大正15年の十勝岳噴火によって被害を受けた上富良野町が、
二度とこのような悲劇が繰り返さないよう、十勝岳の安全や町民の幸せなど
5つの目が願いを込めて、山の斜面に御神火で「大」の文字を浮かび上がらせる。

上富良野にはまだ撮影に行ったことがなかったので
良い機会だった。


31日、上富良野へ向けて出発。
今シーズンは雪が少ないので、比較的スムーズに上富良野に到着。

イベント開始まで8時間以上あったので、まずは日の出公園の場所を確認。
その後隣の美瑛町へ。

マイルドセブンの丘など美瑛の名所の場所を確認し、
青い池にも向かう。
ところが冬の青い池は関係者以外立ち入り禁止に。

駐車場が使えないだけかと思っていたので
スノーシューで青い池まで行けるかなと思っていたが
入ることすらできなかった。

周囲も暗くなったので日の出公園に移動。
まだイベントまで5時間近くあったので駐車場でシュラフに潜って待機。
外の気温は-10度。シュラフに潜っていても足先が冷たい。

ウトウトしていたら周囲がにぎやかに。
園内にはすでに多くの人が集まっていた。




会場では無料ドリンクのサービスのほか、
ステージイベントでダンスパフォーマンスが行われていた。

上富良野町長のたいまつ点火の後、新年を迎えると同時に御神火ランナーたちによって
山の斜面に縦70m、横50mの巨大な「大」の文字が浮かび上がった。

そして2014年最初の花火打ち上げ。
花火は意外に長い時間打ち上げられたので、新年から楽しめた。

花火が終わるとイベントは終了。
みんな帰宅していく中、私は美瑛の道の駅・びえい「丘のくら」へ移動。

2014年初日は車中泊というスタートになりました。


【日の出公園】駐車場有り

大きな地図で見る


燃えるノムラモミジ!平岡樹芸センターの紅葉




札幌市清田区にある平岡樹芸センターの紅葉が見ごろを迎えています。

2.9ヘクタールの園内には約2,500本のオンコ(イチイ)や
8種・800本のモミジなどが植えられ、紅葉時期には鮮やかな色彩に目を奪われます。

特に燃えるような赤に色付いたノムラモミジのトンネルは圧巻。

また、樹芸センターの隣にある竹沢花木園さんには
家の2階ほどの高さの展望台があり、こちらからの眺めも楽しめます。
もともと樹芸センターはこの竹沢花木園さんの敷地だったそうで
それをあるとき札幌市に寄付したのだそうです。

他にも日本情緒あふれる日本庭園など
見どころがたくさんあります。

今年は紅葉時期に合わせ、11月10日まで毎日開園しています。
駐車場が大変混雑するので、訪れるなら早い時間の方が良いかもしれません。

【平岡樹芸センター】駐車場有り

大きな地図で見る